時代に沿った法律には

法律の改正と手続について

トップ / 法律の改正と手続について

法律と消費税の情報

法律を改正するということ

法律は時代によって改正されなければいけないものでもあります。時代の変化とともに常識も変わります。また今までになかったものに対する制定も必要となります。特に最近ではインターネット関連の犯罪も増加をしてきています。どのようなことが法律上違反になるのかということも決めておかなければいけないのです。色々な情報がありますので、情報を整理しながら暮らしやすい世の中を作っていかなければいけません。生活を守るためには規則も必要となります。少しずつ規則を変更して今に合うものにしていくということも考えていかなければいけません。

憲法の改正に関する議論

政府は国会において、憲法96条に定めている憲法の法律について議論しています。憲法の改正が認められるためには、いくつかの手続きを踏まえる必要性がある事を法として定めております。まずは、憲法を変える案を出して、国会において国会議員の3分の2の賛成多数で参議院に回して、参議院の国会議員の3分の2以上の賛成多数で、国民の投票による賛成を取得する必要があります。国民の投票に関しては、過半数で憲法を変える案が成立します。つまり、最終的には憲法を変える案に関して、国民にゆだねる事が正当であって、国民が憲法の法律を決める事であります。