交通事故専門の弁護士

交通事故にあった場合

トップ / 交通事故にあった場合

法律と消費税の情報

交通事故に強い弁護士

弁護士の先生の中には、交通事故問題を専門にしている先生がいます。そういった先生は、被害者の方が加害者側から受け取る賠償金額の最大限引き上げのために尽力しています。例えば被害者の方は相手への損害賠償請求の中で慰謝料を請求することができます。慰謝料は精神的な苦痛に対する賠償金で個人差という問題があるため、定額化のための支払い基準があります。基準は3つあり、どれを使うかで慰謝料の額は変わってきます。交通事故が得意な弁護士の先生にサポートしてもらえば、高い基準で正当に交渉してもらえて有利です。

交通事故の慰謝料請求は弁護士に

交通事故で相手に慰謝料を請求するときは、弁護士に依頼するのがよいです。保険会社主導の金額の2倍から3倍も多く請求できるケースもあります。保険会社は加害者の味方であり、被害者の味方として行動してくれません。弁護士に依頼することで、保険会社の態度が変わります。話し合いの主導権を保険会社に与えることなく、話し合いを有利に進められます。話し合いや書類作成をしてくれるので、被害者は治療などに専念できます。さらに、後遺障害の慰謝料請求について、計算基準が変わるので、請求金額が増額できるのです。

交通事故 弁護士に相談したいならこちらのサイトをご覧ください。賠償や後遺障害について詳しい内容が載っています。初めての方でもわかりやすい解説です。要チェックです。