法律の知識と会計監査

消費税と法律上の制度

トップ

法律と消費税の情報

消費税の法律の改定の役立ち情報

2014年の4月に消費税の法律の改定があり、5パーセントから8パーセントに引き上げられる予定です。それについて、現在では内税表示義務といって価格の表示を消費税を含んだ価格で表示しなければならないというものがあります。それでは、8パーセントや10パーセントなど消費税が変わる度に金額の変更をしなければなりません。看板に値段を表示しているところや、飲食店のメニューの表示では変わる度に書き換えをしなければならないので、余計に経費を使ってしまうことになります。その中で法律が、内税表示の緩和措置として、2013年の10月から外税表示でも良いとなることになりました。税抜きの表示で良いため、税抜きいくらと表示しておけば消費税が変わる度に書き替えなくても良くなります。

immigration lawyer japanThe office name is " Niitsu Legal Visa Office". So you see know they are specialized in Immigration Visa.

会計監査の意義について

計算書類等は事業年度毎に作成され、法律の定める過程を経て内容が確定し株主に剰余金を配当する際の計算の基礎になります。この一連の過程を決算といい、特に重要なのが会計監査です。たとえば会社が計算書類に架空の利益を計上し、それをもとに株主に多額の剰余金の配当がなされたとします。そうすると会社財産が流出したことにより会社債権者の利益は害され、会社の状態が悪いことを知らずに会社の株式を購入した一般投資家は後で粉飾決算が明らかになれば株価の低下による損失を被ります。これらのことから分かるように、株主だけでなく会社債権者、一般投資家の利益を保護するための重要な法律上の制度です。